最適なルーメンがわからない

プロジェクターは、映像をスクリーンに投影するための装置です。この投影は光によって行われ、光の強さによって映る映像の濃さが変わってきます。このため映像の明るさを最適なものにするには光の強さであるルーメンの調整を行う必要があります。

プロジェクターの最適なルーメンとは、その映し出すサイズによって変わってきます。つまり大きくなればなるほど強い光が必要です。スクリーンサイズが画面サイズ80型以下であれば2500ルーメンから2800ルーメンでも十分に投影することが可能ですが、80型から100型の範囲になると3500ルーメンは必要になります。また100型を超えると4200ルーメン以上は必要になります。

プロジェクターはもともと複数の人が映像を大画面で見るのが目的であるため、3500ルーメン以上が快適に使える明るさといえます。

ドット欠けと言えば、液晶モニターを想像する人が多いと思いますが、プロジェクターでも同じように映写した映像の一部が欠ける事があります。

プロジェクターのドットが欠けたら、まず考えられるのはレンズの表面が汚れていたり、レンズ表面に物理的なキズが出来ている事が考えられます。

そのような場合は、レンズクリーナーで表面のゴミを取り除いたり、レンズを交換すれば改善します。

また、稀にですがプロジェクターの製造中に、内部に埃などのゴミが混入して、レンズの内側が汚れている事があります。

このような時には、機械に詳しいひとなら開けてクリーニングする人もいますが、メーカーに対応してもらった方がいいです。

何故なら、一度内部を開けてしまうと、単にクリーニングしたと言い訳しても、改造したと言われて通常の修理も受け付けてくれなくなる可能性があるからです。

ドットが欠けたら、自己対処せずメーカーに相談するべきです。

プロジェクターの寿命

プロジェクターの寿命が尽きるのは、中にあるプロジェクターランプが切れるときです。電球が切れて使えなくなるような感じでプロジェクターランプも切れて使えなくなってしまいます。ランプの寿命はどのぐらいかというと、機種によっても違いますが、だいたい2000時間くらいだとされています。2時間ほどの映画をだいたい1000回くらい見ると、寿命が尽きるという勘定になります。ランプが切れたら全部交換しなければならないのかというと、そんなことはありません。ランプだけを交換することが可能です。しかし、ランプはけっこう高価なもので数万円ほどします。交換作業は簡単で、誰でも行えます。ランプをなるべく長持ちさせたいのであれば、明るさを下げてやるといいです。

プロジェクターは投影されたスクリーンに逆光が当たると、途端に画像が見難くなってしまうという問題があります。

そこで対策が必要となりますが、基本的にはプロジェクターを使用する空間の遮光を行って極力暗くする事が、最優先事項となります。比較的安価な対策法としては、ハイミロンと呼ばれる遮光性の高い生地を使用したカーテンを設置する方法が考えられます。

またどうしても光が入ってしまう環境の場合、プロジェクターの輝度を下げてコントラストを強めると、画像がハッキリと見える可能性を高められます。

更に、投影するスクリーンを逆光に強いものにする方法も考えられます。グレイマットスクリーンと呼ばれる商品がそれで、価格が高いので家庭での使用は難しいケースはありますが、対策としての効果は非常に高くなります。

プロジェクターで困ったら プロジェクターナビ

プロジェクターは、活用することで仕事にも趣味にも、大いに役立ってくれます。このような持ち運べるかたちの映像投射装置というのは、昭和の時代から存在するものでした。今も古い家では、押入れの中に8ミリ映写機などが眠っているものです。今のような子どもでも扱えるディスク式ではなく、大きなフィルムを扱うものでしたから、使い方には注意が必要でした。ときには、設置ミスにより火災を引き起こす危険性さえあったのです。それが今では、デッキやビデオカメラ、パソコンなどで繋ぐだけで、手軽に上映が行えるようになりました。

プロジェクター

スマートフォン全盛の今もなお、プロジェクターはたいへん有用です。自分しか見ることのできない液晶モニターではなく、みんなで一緒に見られるほど大きく映し出せるからです。たとえ見る側が、機械のことなどなにひとつ分からないお年寄りや子どもでも、まったく問題ありません。使う側としても、非常に簡単な操作となっていますから、安心です。また、最近の製品ーは小型化が進み、女性でも持ち運びやすい機種も多くなってきています。そのため、子ども会やPTAなどでも活用が増えているのです。さらには、映像の鮮明化が進むと共に、3D映像が流せるものも発売されるようになってきました。映画を楽しみたいのであれば、大画面で見ることが一番です。しかし、大型モニターは価格も高いものですから、なかなか導入することが出来ません。その点、プロジェクターならば大型テレビよりも遥かに安い値段で購入することも可能なのです。みんなで集まって、お気に入りの映画を共有するにも、最適の商品といえるのです。

人気が出るに従って、その機種もたいへん豊富になってきました。当然ながら、ビジネスのプレゼンテーションに使うものと、親しい人が集まる鑑賞会などでは、求められる機能も違います。だからこそ、製品を見比べて、最適のものを選んでいかなくてはなりません。しかし、ホームページやカタログなどを、いくつも見る手間というのは、想像以上に煩わしいものです。そこで、プロジェクターナビが役に立ちます。これを利用すれば、製品のスペックやデザインなどを、一度に閲覧することができますので、とても便利です。横断的に検索することにより、比較が容易になると、購入時に後悔するようなことも減らせます。いいものを見つけたら、直接利用できるようにも導いてくれますので安心です。プロジェクターナビで、自分の合った一台と出会っていきましょう。

プロジェクターがぼやける

プロジェクターは最初の画面調整さえ上手くいけば後は簡単に使用できます。プロジェクターを設置した際にぼやけたときはフォーカス調整が合っていない可能性があります。フォーカスを調整できるダイヤルには大抵WとTという文字が印字されています。これをWの方に回すことで広く見え、Tの方に回すことで近く見えるようになっています。このダイヤルを回してフォーカスを合わせるのですが、その際プロジェクターには表や単純な図形を映し出しておきましょう。これはフォーカスが合ったかどうかを分かりやすく見るためです。もし、自分以外にも人手がいるのであれば、ダイヤルを回す役割と画面をチェックする役割を分担した方が効率的に解決できます。

プロジェクターは、映像をスクリーンに投影するための装置です。この投影は光によって行われ、光の強さによって映る映像の濃さが変わってきます。このため映像の明るさを最適なものにするには光の強さであるルーメンの調整を行う必要があります。

プロジェクターの最適なルーメンとは、その映し出すサイズによって変わってきます。つまり大きくなればなるほど強い光が必要です。スクリーンサイズが画面サイズ80型以下であれば2500ルーメンから2800ルーメンでも十分に投影することが可能ですが、80型から100型の範囲になると3500ルーメンは必要になります。また100型を超えると4200ルーメン以上は必要になります。

プロジェクターはもともと複数の人が映像を大画面で見るのが目的であるため、3500ルーメン以上が快適に使える明るさといえます。

パソコンとのつなぎ方

プロジェクターとパソコンを繋ぐにはケーブルが必要となります。と言ってもプロジェクター専用の物ではなく、Blu-rayプレイヤーやゲームで使用している物と基本的には同じです。具体的に言うとHDMI端子かVGA端子のどちらかが使用できる場合がほとんどです。HDMI端子は映像だけでなく、音声も一本のケーブルで再生できるという特徴があります。そのため、HDMI端子に対応しているプロジェクターには基本的にスピーカーが搭載されています。そうでない場合はVGA端子に対応している可能性が高いです。プロジェクターにはどの端子に対応しているか記載されているはずなので心配は要りませんが、どうしても分からない時はお店で聞いてみましょう。

プロジェクターにパソコン画面に表示されているものが全部が映らない原因はいくつかあります。

パソコンに使用している画面サイズとプロジェクターの表示サイズが合っていないとうまく表示されないことがります。

出力するプロジェクターに合わせてサイズを変更することが一番です。

あくまで見るのはプロジェクターが主体となります。

パソコンと画面サイズが違うのを頭に入れておくことが大切です。

データーを加工するのが時間もないし膨大な量なので不可能という場合もあります。

パソコンからプロジェクターに出力するサイズを小さくして表示させることができます。

そのかわり表示されるものは画面より小さくなり余白が出たりします。

全部が映らないという問題は解消されます。